リポドリン


リポドリンハードコア


リポドリンエクストリーム



ダイエットサプリは数多くありますが、これだけ多くの利用者から効果を絶賛されているサプリはこれだけでしょう。
まずは上記バナーをクリックして、サイトでレビュー数をご覧ください。それぞれ500件近いレビューが投稿されています。

結局、どんなダイエット方法であっても、摂取カロリーを減らせば、つまり食べなければ痩せるのです。
しかし、この食べないということが本当に難しい。
人それぞれ食べてしまう理由はあると思います。 
また、食事制限がうまくいく人もいかない人もいるでしょう。

抜本的にはライフスタイルや意識改革をしないと、太らない生活・性格というのは手に入れることはできません。
しかし、多くの方にとって、ダイエットはそんな悠長な問題ではないでしょう。

「今すぐやせたい!」
「1ヵ月で3キロ絞りたい」
「やせて誰かを見返してやりたい」
「写真撮影やイベントまでに2週間しかない」

時期的には、「春からの新生活までに、スリムアップして、新しい自分で新生活を始めたい」

そんなニーズに答えるために開発された商品がこの「リポドリン」です。

基本的なダイエット方法は至ってシンプル。
食事を制限し、適度な運動で脂肪燃焼させて、スリムアップ、細マッチョ、シェイプアップした肉体を手に入れます。

「リポドリン」には三つ種類があります。
「リポドリン」:エフェドラという特殊成分が入っています。
「リポドリン ハードコア」:エフェドラを含みませんが、効果はリポドリンより強力です。
「リポドリン エクストリーム」:エフェドラを含まず、ハードコアよりマイルドにサプリの効き目に持久性を持たせています。


色々な情報を総合的に加味すると、私は「リポドリンハードコア」をお勧めします。




以下は、リポドリンの詳細情報になります。

「リポドリン」には、「エフェドラ」という成分が入っています。これは別名「麻黄」といい、葛根湯や麻黄湯のような漢方薬に入っている成分です。実はこの「エフェドラ」の分子構造が覚せい剤の成分「メタンフェタミン」と非常によく似ていて、そのため同様の中枢神経系刺激作用があります。そのため、服用法や服用量には注意が必要です。また、ネットではエフェドラの危険性も指摘されていますが、それは裏を返せば、「それだけ効く!」ということです。

こういうドラッグ系の話に興味がある方は以下のリンク先記事も参考になります。

麻薬、覚醒剤となるエフェドラ(Ephedra)とエフェドリン(ephedrine)
メタンフェタミン


ここまでの話を知ると、「なんだか怖そうだな」と思うのが人情だと思いますが、
実際にこのサプリを利用して減量効果を得られた人も多くいますので、
以下のブログ記事も参考になるでしょう。

リポドリン10日目!体験談
【体験29日目】ダイエットサプリ『リポドリン』効果と副作用-口コミ


実際に私も「リポドリン」を飲んだことがありますが、副作用は強く、クラクラします。そのときは2日で服用を止めてしまったので、減量効果のほどはわかりませんでした。

さて、ここまでの情報を整理すると、エフェドラを含む「リポドリン」は強い効果が期待できますが、同時に副作用も強いということです。しかし、となると、あまり悩むことはなく、すでにそのデメリットを改善し、さらに強い効果を出せるように改善された「リポドリンハードコア」の方が選択するだけではないでしょうか?

ちなみに、こういうサプリの副作用情報についてですが、多少、ネットの情報は過剰反応に思えます。
麻黄(エフェドラ)が本当に危険な覚醒剤のようなものであるなら、それを含有した漢方薬が普通に売られているのはおかしくないですか?また、エフェドラ含有のサプリはアメリカで販売が禁止されましたが、その人気は高く世界中でまだ販売が続けられています。

取りすぎれば体に悪いのは、エフェドラに限ったことではありません。実際、ただのカフェインでも取りすぎれば、死にますし、しょうゆでさえ、一気飲みすれば死にます。

【カフェイン注意】モンスター・エナジー2本で少女死亡…【エナジードリンク】
【しょうゆ】1リットル、一気飲み。少年が昏睡状態に。


こういう当たり前の事実がありながら、ただ効果が強いからといって、エフェドラ=危険!と、思考停止した状態に陥ってしまうのはもったいないと思います。少量から試して異変があれば服用を止めればいいだけのことですし、逆に、自分にすごく合っていて、大した副作用もなく、すんなり痩せられるなら、それはそれでいいことだと思います。